ぶんご創業スクール

お申し込み・お問い合わせ先:大分県行政書士会

097-537-7089

slideshow image1 slideshow image2 slideshow image3 slideshow image4

お知らせ

ぶんご創業スクールについて

2014年度開催(第一期)

もつ鍋専門店「陽はまた昇る」の経営者・氏田善宣氏

「ぶんご創業スクール」記念すべき一期生の講義が始まりました。
一日目の午前はオリエンテーションとして、居酒屋甲子園にて全国一位に輝いた「陽はまた昇る」の経営者、氏田善宣氏による創業体験記を聞きました。
熱い情熱と冷静な経営判断で、全国的にも注目を集める企業に昇りつめた社長の体験談は、これから創業を考えている受講生にとって、大きな励みになったのではないでしょうか。
午後からは、経営コンサルタントとして活躍されている行政書士の松本和俊氏による経営理念の講義がおこなわれました。

ぶんご創業スクールについて

趣旨

大分で創業したいという熱い思いをお持ちの方を、バックアップするための創業スクールです。

国の「地域創業支援事業」として、大分県行政書士会が主催しています。

スクール内容

2015年度の募集は、秋季集中・新規創業5日間のコースとなります。

カリキュラムの前半では、経営の戦略・計画の考え方や立て方を学び、受講者自身で事業計画書を作成してもらいます。

後半では、創業に必要な知識や手続きを学びます。内容はポイントを絞り、聞くことよりも考えることを重点に置く実践的内容となっています。

講師陣

行政書士や税理士・社会保険労務士などの専門家と大分県の起業家が担当します。

大分県で実際に中小企業の支援をしている専門家達ですので、地域の実情に合わせた講義とアドバイスをします。

スクール最終日には、講師陣と専門家による個別相談会が開催されます。

カリキュラム

当スクールの目的とカリキュラムの説明をし、オリエンテーションとして起業家の創業体験談を聞きます。

事業を始める際にベースとなる、経営理念・経営戦略、事業計画の重要性と考え方を学びます。受講者自身の起業業種ごとに理念戦略および計画を作成します。

提供する商品やサービスごとにマーケティングは異なります。
基本的なマーケティングを学び、商品・サービスを顧客に届ける最適な方法を考えます。

今まで考えてきた抽象的な理念や戦略を、営業販売計画として具体的な数字に変えていきます。

創業にあたって、個人開業と法人設立のどちらが良いかを考えます。それぞれにメリットデメリットがあります。株式会社設立の流れと個人開業の各種手続きをシュミレーションして見ます。

起業家にとって重要であり、悩みの種でもある開業資金。
資金調達と公的支援創業資金の準備、融資の種類や手法を学びます。

こちらも個人起業家にとっては少し難しい会計。貸借対照表と損益計算書などの財務諸表とキャッシュフローの基礎を学びます。

事業を潤滑に回すためには、営業の知識だけでは足りません。
税金を納めるときに必要な税務、人を雇用したときに必要な労務、取引や書類作成に必要な法務を学びます。

いよいよ最終日には、今まで学び考えたことを基にして、自身の事業計画を作成します。実際に金融機関に提出するぐらいの気持ちで作成してください。作成に当たっては、講師がアドバイスします。

事業計画書の発表とブラッシュアップをおこないます。
講義終了後は、受講者個別の質問や相談に講師や専門家が対応します。

受講料と会場

会場:大分県ニューライフプラザ
大分県別府市野口原3030−1

日程:10月10・11・12・17・18日(計5日間)

受講料:10,800円

定員:30名
(先着順・既開業の方は申し込みできません)

お申し込みとお問い合わせ

お申し込みは大分県行政書士会まで、お電話かFAXでお申し込みください。

大分県行政書士会
TEL:(097)537-7089 FAX:(097)535-0622

平日9:00-16:00まで

住所:大分県行政書士会大分市城崎町1-2-3 大分県住宅供給公社ビル3階

トップへ戻る